テックエキスパートの新卒コースの3つの特徴・評判を学生エンジニアが解説

テックエキスパート

《すぐわかるプログラミングスクールおすすめランキング》

当サイトから登録の多いプログラミングスクール

【1位】侍エンジニア塾(解説はここ) 《時給3000円のエンジニアを目指す》

【2位】TECH::CAMP(解説はここ) 《長期間教室に通える》

【3位】テックアカデミー(解説はここ) 《地方の人もオンラインで受講》

学生エンジニアのしば(@akahire2014)です。

僕は大学3年生の時にプログラミングスクールTECH::CAMP(テックキャンプ) に通ってプログラミングを勉強しました。
今ではスクールのメンターをしながら、IT企業で開発業務のアルバイトをしています。

この記事を見ているあなたは

初心者
新卒でエンジニアになりたいけど、ゆっくりインターンに行ったり独学する時間がない!

ってなってるのではないでしょうか?

就活解禁まで時間がたくさんあれば、プログラミングを自分で勉強して備えることができますが、習得までにはかなり時間がかかるので大変ですよね。
この記事では絶賛就活中(20卒)である学生エンジニアの僕がテックエキスパートの特徴について解説しました。

  • Web系のベンチャー企業にITエンジニアとして新卒で入社したい
  • 情報学科でもなくてもエンジニアになれるの?

なんて人は、ぜひこの記事を読んでみてください!

また完全無料で受講できる就活支援付きのプログラミングスクールもあります。
興味ある方はこちらもチェックしてくださいね

未経験からでもエンジニアの新卒就活って間に合うの?

この記事を見ているあなたが一番気にしているのがこのことだと思います。
結論から言うと

しば
3ヶ月ほど時間があればそれなりにスキルが身につきます。

それなりのスキルとは

  • Webサイトの見た目を作れる
  • Webサイトの機能を自分で作れる
  • 作ったサイトをネット上に公開する

みたいな感じ。
これくらいのスキルがあればひとまず大丈夫でしょう。

そもそも企業はプログラミングスキルを重視していない

新卒エンジニア 求められるスキル

意外かもしれませんが、これは事実です。
新卒で入って来る人のスキルなんて大して変わりません。
それよりも人と協力して仕事ができるか?とかの方が重視されます。

僕は企業でプログラミングのアルバイトをしています。
プログラミングがどれくらいできるかも大事ですが、繊細な作業なので他のエンジニアとうまくコミュニケーションが取れるかの方が大事だなと感じる場面の方が多かったりします。

情報学科でなくてもエンジニアになれるの?

しば
Web系なら問題ないと断言できます。

ITエンジニアと言っても

  • 組み込み系
  • インフラ系
  • Web系
  • 機械学習系

と色々ありますが、Web系に関しては文系の人もかなりいます。

僕自身も情報学科でなはく、物理学科なので大学でプログラミングは全く勉強していません。
それでもある程度のスキルを身につけておけば、大丈夫です。
実際登録している就活サイトからはオファーがよくきます。

新卒エンジニア オファー

テックエキスパート新卒コースとは?厳選した3つの特徴を解説

テックエキスパート

もともとテックキャンプがやっていたエンジニア転職用のコースが、新卒向けにも作られたって感じです。

転職者用のコースでは、学習者の93.8%が完了、転職成功率97%、 転職成功者数180名以上と言った実績になっています。

簡単にまとめると

  • 500時間を超える実践的なカリキュラム
  • 専属アドバイザーによる就職支援
  • 卒業後も3年のキャリア相談可能
  • 充実の保証制度
  • 教室とオンライン両方で学べる

と言った特徴があります。
詳しく解説していきますね。

500時間を超えるカリキュラムでエンジニアとして就職するためのスキルを身につける

テックエキスパート新卒 学べること

時間のない中で独学でプログラミングを学ぶのははっきり言って無理です。
この記事を見ているあなたのようにテックエキスパートのようなサービスを使うべき。

テックエキスパートのカリキュラムでは500時間かけてプログラミング言語Rubyを学ぶことができます。

ただ、Web開発においてはRubyだけでなく他の言語や手法を学ぶ必要があるので、それらも学ぶことができるようなカリキュラムになっています。
具体的には

  • HTML/CSS
  • Ruby, Ruby on Rails
  • MySQL
  • JavaScript / jQuery
  • GIt
  • Sass / Haml
  • AWS
  • チーム開発手法
  • アジャイル開発
  • 要件定義

と言ったことが学べます。 

プログラミング自体が学べるのは他のスクールと変わりませんが、チーム開発や、アジャイル開発、要件定義といったエンジニアとして働くために絶対に必要なスキルが身につけれるのが特徴です。

アジャイル開発:短いサイクルで適宜修正しながら開発する手法

要件定義:どんな機能が必要か決めること

プログラミング以外のエンジニアに求められるスキルが学べる

テックエキスパート 違い

未経験者にプログラミングのスキルって思ったほど求められていません。
新卒未経験ならなおさらです。

それよりも、

人事
この人エンジニアとしては働く適性があるのかな?

ってことの方が見られています。

具体的には、

  • 自分でググる能力
  • 他のエンジニアとうまくコミュニケーションとれるか?
  • 要件を定義する能力
  • 細かなとこまで気を配る能力

などが求められています。
これらを身につけるために、テックエキスパートでは

  • チーム開発手法
  • アジャイル開発
  • 要件定義

と言った勉強もカリキュラムに含まれているんです。
普通のプログラミングスクールだと、プログラミングを教えるだけで、エンジニアとして働くスキルについては教えてくれません。
頑張ってプログラミングを学んでもエンジニアとしてのコミュニケーションが取れなければ、勿体無いですよね。

逆にテックエキスパートでこれらのスキルについて学んでおくと就職活動でかなり有利になるでしょう。

これだけのスキルを身につけることができるテックエキスパートですが、実際勉強はかなりハードでしょう。
でも転職者用のコースでは、

  • 学習者の93.8%がカリキュラム完了
  • 転職成功率97%
  • 転職成功者数180名以上突破

とかなりの実績を持っているので、安心して受講することができます。

不安があれば無料の相談も行なっているので、そこで自分の疑問を解消した上で受講を決めることができますよ。

テックエキスパートの無料キャリア相談

充実の保証制度

とはいえ、「実際受講して見て合わなかったらどうしよう・・」と想う人もいるはず!
テックエキスパートではそんな人ために、保証制度も充実しています。

  • 受講開始14日以内であれば全額返金保証
  • 内定が1社も出なかったら全額返金保証(細かい条件あり)

これらの保証制度がちゃんとついているので、「思っていたのと違う!」という理由で損することは絶対にありません。

保証制度はちょくちょく変更があるので、テックエキスパートの無料相談などで確認してください。

テックエキスパート(TECH::EXPERT)新卒コースの評判・口コミ

テックエキスパート 評判

引用:公式

テックエキスパートの新卒コースの評判はあまりネット上に見当たりませんでした。
代わりに転職用のコースの口コミを載せておきます

独学に比べ、教室学習は圧倒的に効率が良かった

Ruby on Railsには「Rails Tutorial」という世界的に有名な、無料のオンライン教材があります。これからプログラミングを学ぼうと考えている方の中には、Rails Tutorialをやろうとしている人も多いと思います。

TECH::CAMPとTECH::EXPERTのカリキュラムは、Rails Tutorialよりも圧倒的に分かりやすいと僕は思っています。

僕自身、TECH::CAMPの受講前にはRails Tutorialにチャレンジしました。ですが、環境構築の段階でリタイアしました。エラーが大量に発生してしまって……。それくらいRails Tutorialは、初心者には難しかったんです。

TECH::CAMPにはプログラミング学習の専用教室があり、すぐに質問できるメンター(講師)がいます。わからない点をすぐ質問できるというのは、圧倒的に学習効率が良いです。もちろん、プログラミングは独学でも学べないことはないです。ですが独学にもチャレンジした僕自身の体験から言えば、学習に時間がかかりすぎます。

効率的に学ぶなら、教室学習が一番早いです。

引用:https://tech-camp.in/note/interviews_ex/41626/

テックエキスパート(TECH::EXPERT)の料金

エンジニア奨学金制度 テックエキスパート
支払い方法 クレジット一括/銀行振込/口座分割
24回分割 初回:35,820円(税込) 
2回目:19,000円(税込)
※内、分割手数料が10%(42,980円)
12回分割 初回:43,820円(税込) 
2回目:39,000円(税込)
※内、分割手数料が10%(42,980円)
6回分割 初回:101,330円(税込) 
2回目:70,000円(税込)
※内、分割手数料が5%(21,490円)
2回分割 初回:229,840円(税込) 
2回目:200,000円(税込)
※分割手数料はかかりません。
一括支払い 398,000円(税抜) 
※オンラインスタイルは298,000円(税抜)

受講料は高額ですが、得られるスキルの高さとそのスキルが一生使えることを考えると安いです。
こればっかりは人の価値観ですが、エンジニアになれば20代で月収100万円を超えることも普通にあるので、僕はかなりいい投資だと考えます。

  1. オリジナル学習教材
  2. 教室でエンジニア講師へ質問し放題 ※オンラインスタイルは対象外
  3. オンラインでの質問対応
  4. エンジニア講師によるコードレビュー
  5. チーム開発 ※オンラインスタイルは対象外
  6. 専属トレーナー
  7. 学習進捗のフォロー
  8. 講師による特別講座(不定期)
  9. 就活専用カリキュラム
  10. 企業説明会
  11. 就活セミナー
  12. キャリアアドバイザーのカウンセリング
  13. 就職先企業の紹介
  14. 日本最大の教室を利用し放題 ※オンラインスタイルは対象外

受講料の中にはこれらのサービスが含まれています。

加えてテックエキスパートには27歳以下へのエンジニア奨学金が10万円用意されている(選抜あり)ので一度無料の相談に行ってみるといいでしょう。

テックエキスパート(TECH::EXPERT)がおすすめな人

  • 東京在住
  • 就活まで時間がない

東京在住の学生

テックエキスパートは基本的に東京でしか受講することができません。

プログラミングスキルを短期間で習得するには実際に教室に行って質問しまくることが何より大切なので、東京に住んでいて頻繁に教室に通えることがとても大事です。

就活まで時間がない

テックエキスパートでは高額な料金を払う代わりに最速でプログラミングスキルを身につけることができます。

初心者
やる気はあるけど、時間がない!

って人にだけオススメすることができます。

逆にまだまだ時間がある!って人は、TECH::CAMPの普通のコースを検討してみるといいでしょう。

無料カウンセリングで相談して決めよう!

エンジニアになれば、高収入を得られることは約束されていますし、何よりプログラミングは楽しいです。
しかし、ここまで読んでくれたあなたは就活まで時間がないのも事実ですよね。
ここで下手に投資を渋ってしまうと、社会人になってからエンジニアに転職するので余計に手間とお金がかかってしまいます。

テックエキスパートが未経験の新卒就活生で時間がないあなたにとって、最高のサービスであることが間違いありません。

とはいえ、あなたにとって最適かは、あなたが実際に判断するのが一番ですよね。

テックエキスパートでは無料カウンセリングを行なっているので、就活まで時間が一番残されている今のうちに実際に足を運んで話を聞いてみてください。

新卒の就活サポートを無料でサポートしているプログラミングスクールもあります。
僕が実際に話を聞いてきたのでこちらも参考にしてください。