TECH::CAMP(テックキャンプ)の評判を現役TECH::CAMPメンターが解説!

こんにちは、学生エンジニアのしば(@akahire2014)です。

僕はTECH::CAMP(テックキャンプ)で未経験からプログラミングを2016年の11月に受講しました。今ではそのままTECH::CAMPでメンターしたり、スタートアップ企業でWebサイト製作の仕事をもらったりしています。

受講料は学生の僕にとって高額でしたが、プログラミングで10万円近く月に稼げているので十分すぎるほどに元が取れています。でもTECH::CAMP(テックキャンプ)を受ける前は

本当にこんなにお金払う価値あるのかな・・

と思っていました。実際に僕が受けてみた感じだと、TECH::CAMP(テックキャンプ)に向いている人と向いてない人がいるなと思いました。

この記事では実際にTECH::CAMP(テックキャンプ)を受講して、感じた僕の感想を書くので迷っている方は参考にしてみてください。僕の個人的な感想は主に後半に書いてあるのでそこだけ興味がある人は後ろの方からみてくださいね

最後のところには割引情報もあるので活用してください

TECH::CAMP(テックキャンプ)のコース

僕がTECH::CAMP(テックキャンプ)を受講した2016年11月の時は受講できるカリキュラムが

  • Webアプリケーションコース
  • VRコース
  • エキスパートコース

だけでした。そして一回受けたらそこで終了と一回で完結するスタイルでした。ですが2017年9月時点だとTECH::CAMP(テックキャンプ)のコースの受け方が大幅にリニューアルされていたんです。これうらやましいなあ

リニューアル!延長形式になってるよ

f:id:umauma01:20170904205343p:plain

引用:テックキャンプ

入会金128,000円(以前の社会人料金)を最初に払って、そこから延長料金(12,800円)を払って受講することでこれらのカリキュラムを全て受講できるそう。安すぎますよね。普通のスクールでこれだけの量を受講しようとすると70万円近くかかる・・

Webアプリケーションコース

f:id:umauma01:20170908111235p:plain

僕が受けたコースはこれです。Webサイトを作るための言語RubyとフレームワークRuby On Railsを学習することができます。初心者の方はRubyってなに?
ってなるかもしれませんが、クックパッドや楽天もRubyを使って作られているんです。

渋谷のITベンチャーとかを中心に人気になっている言語です。実は僕が仕事をもらっているスタートアップ企業もRubyを使ってサイト製作をしています。

他にもWebサイトの見た目を作るためのマークアップ言語であるHTML/CSSもカリキュラムに含まれているので僕のような完全未経験者でもWebサイトを作ることができちゃいます。

  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • HTML/CSS
  • Git(複数人開発)
  • JavaScript(jQuery)
  • Bootstrap(サイトデザイン)
  • Heroku(アプリの公開)

が学べました。

VR,Unityコース

他のプログラミングスクールでVRの学習ができることは今のところありません。このコースではVRを作るためのC#という言語とUnityが学べます。

VR作ってみたい!って人はTECH::CAMP(テックキャンプ)のVRコース一択ですね。

デザインコース

f:id:umauma01:20170904211402p:plain

引用:テックキャンプ

Webサイトを実際に作ってみるとわかるんですが、デザイン大事!

僕はRuby on RailsとかJavaScriptならある程度書けるようになってきたんですが、デザインが貧相すぎてイマイチな感じになってしまいます。Webサイトのデザインもこだわりたい人や、デザインで稼ぎたい人には嬉しいコースだと思います。

AI(人工知能)入門コース

f:id:umauma01:20170904212255p:plain

引用:テックキャンプ

2017年9月時点ではまだ開催されていないコースですが、なんと人工知能の初歩的なことが学習できるそう。おそらく本格的なものは作れないにしても簡単な機械学習くらいなら勉強できるのでしょう。カリキュラム内ではPythonというプログラミング言語を学ぶそうですね

ビジネスコース

f:id:umauma01:20170904212748p:plain

引用:テックキャンプ

こちらも何も決まっていませんが、ビジネススキルを学べるそう。プログラミングとか書かないにしても、今やITを活用しない会社ってないですからそういった社会人を対象にしているのでしょうか

エキスパートコース

これは本気で転職や就職を目指す人のためのコースです。なので受講料も40万近く!(転職成功するとキャッシュバックされますが)

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)の受講形式

class

普通のプログラミングスクールってネット上だけで完結するオンライン形式のものが多いですが、TECH::CAMP(テックキャンプ)はオフラインで実際にメンターと呼ばれる講師にプログラミングを教えてもらうこともできます。

オフラインでも教えてくれるのが僕がTECH::CAMP(テックキャンプ)を選んだ理由の一つだったりします。家でわからないところが出てきた時はオンラインで聞いて、時間がある時は実際に教室に行ってメンターの方に教えてもらっていました。

オンライン

オンラインで受講する時はSkypeかチャットを使って質問することができました。忙しくて教室に行けない時も自宅で勉強することができます

TECH::CAMP(テックキャンプ)のオフライン校舎一覧

僕はチャットで質問するのがめんどくだったので教室に通いまくっていました。僕が受けた時は渋谷と梅田しかありませんでしたが、最近どんどん校舎が増えているみたいですね

  • 渋谷
  • 早稲田
  • 池袋
  • 新宿
  • 東京駅前
  • 御茶ノ水
  • 名古屋
  • 梅田

学生の僕がTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けた感想

student

ここから僕が実際に受けてみた感想を書いていきたいと思います。

受講期間は6週間だった

これエントリしてから知ったんですが、「入会金を受講期間の2週間前に払うとカリキュラムの閲覧だけはできる」んです。つまり受講期間が始まる前に追加料金なしでTECH::CAMP(テックキャンプ)のわかりやすいカリキュラムを使って学習ができるんです

この2週間ではメンターに質問することはできませんが、カリキュラムの最初の方は自分一人でも出来るくらい簡単なので問題ありませんでした。TECH::CAMP(テックキャンプ)を受ける人は絶対にこの2週間を有効活用したほうがいいですよ

4週間の受講期間の感想

教材が驚くほどわかりやすい

TECH::CAMPではTECH::MASTERというカリキュラムを使って学習を進めて行ったのですが、この教材がわかりやすいことをTECH::CAMP(テックキャンプ)は一番の売りにしています。

このカリキュラムは、受講生に分かりにくいと指摘されたところを中心に5000回以上アップデートされているそうです。プログラミング初心者だった僕にとってはカリキュラムのわかりやすさは最も重要なことだったのでこれを聞いて安心しました。習熟度ってカリキュラムのわかりやすさ×自分の努力で決まりますからね

実際にアプリを作りながら学習を進めていくスタイル

実は僕、大学でC言語でプログラムを動かしたことがあるんです。でもソースコードのコピペだけで仕組みが全くわからず・・。自分でも勉強しようと思いC言語を勉強したのですが、延々と1~10まで画面に出力するプログラムを書かせられたりしました

ちっとも面白くなかった・・・

プログラミングの入門書などで勉強したことがある方はわかると思うのですが、何の役に立つかわからないプログラムを学習するのって苦痛なんですよね。TECH::CAMPでは実際に用意されたアプリを作りながら、学習をしていきます。なので自分が学習していることがどう役に立っているのかがイメージできました。

スカイプ受講のメリット・デメリット

skype

オンライン形式のメリット

オンライン形式の一番のメリットってやっぱり、どんなときも質問ができるということですよね。人間って自分がわからなかっとこですら忘れてしまう生き物なので、疑問が浮かんだ時にすぐ質問できるのはメリットだと思いました。

またTECH::CAMPでは質問を他の受講者に見られることが無いので「低レベルかもしれない….」なんて質問も気兼ねなくすることができます。

そもそも高い金払っているので気兼ねする必要は全く無いんですけどね。それでも心理的ハードルはかなり下がります。自分では大したことじゃ無いと思っていた疑問が重要なとこだったんなんてことがよくありました。

またオンラインでは自分の疑問点をテキスト化して整理する必要があるので、その過程で自分の理解が深まるという利点もあります。

  • 質問が家でも出来る
  • 質問する中で自分の中で理解が深まる

オンライン形式のデメリット

でもやっぱり、いちいち質問をチャットでするのってめんどくさいな〜って僕は思いました。そういうときはskypeの画面共有を使って質問していたのですが、複雑なことを質問するときはやっぱりオンラインは向いていません。

難しい質問をしたいときとか質問が多いときは実際に教室に行ったほうがいいですね。教室のほうが集中できるしすぐに質問できるので僕は断然教室派でした

  • チャットで質問するのがめんどくさい

教室受講のメリット・デメリット

classroom

教室受講のメリット

一番のメリットは質問がしやすいことです。直接質問ができるので質問がしやすいのは当たり前なんですが、どんどん質問できるのがいいと感じました。

というのもプログラミングを勉強していると芋づる式に疑問点が出てくるんですよね。わかんない単語を調べていたらもっとわかんない単語が出てくるみたいな。こういう時に初心者が今必要な情報だけをすくい取るのってほぼ不可能なんですよ。

直接メンターの方に質問すると芋づる式に出てくる疑問に対して必要な情報といらない情報を分けて教えてくれます。なので最短でプログラミングスキルを伸ばすことができました。

  • 質問がしやすい
  • 対面のほうがわかりやすい
  • 教室で集中できる
  • メンターが必要なところだけ教えてくれる

教室受講のデメリット

教室に行くまでの時間がかかる人は教室受講のメリットがいくらあるとわかっていてもうまく活用できません。僕は一度教室に行くまでにどのくらいの時間が必要なのかを実際に教室までいって確認しました。

ちゃんと自分が無理なく通える場所にあるかどうかを確認するのが大事です。

  • 通いづらい場所にあると行かなくなる

TECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターってどうなの?

mentor

結構いろんなところでTECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターのことが書かれてますが、結論としては

初心者には最適だが、プログラム書ける人からすると物足りない

といった印象。TECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターはカリキュラムを学習して合格率5%の試験に合格した大学生がほとんどです。さすがに現役のエンジニアと比べると明らかに天と地の差があります。

カリキュラムを学習する分には問題ありませんが、「プログラミングがある程度できて最初から自分のWebサイトを作りたい!」って人には物足りないかもしれません。僕も今ならある程度プログラミングできるので今からプログラミングスクールに行くとするならTECH::CAMP(テックキャンプ)にはいきません。

ですが、メンターの方はカリキュラムレベルの範囲であれば当然理解しているのでTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けている時に不満に思ったことはありませんでした。むしろメンターの方も未経験からTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けた方ばかりなので初心者の目線や心情をわかってくれました。

僕のレベルで言うと、

  • オリジナルのアプリを作ったことがある
  • 企業(2社)で実際に仕事している

くらいのレベルなのでTECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターのレベルって決して低いわけではないです。ただ現役のエンジニアがスキルアップのために受けたい!ってなると、さすがにそれはスキル不足なので、現役のエンジニアとか上にあげた僕くらいのスキルがすでにある人だとTECH::CAMP(テックキャンプ)はオススメできないですね

TECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターがどんな感じか、本当に知りたい人はTECH::CAMP(テックキャンプ)の無料体験と、他のプログラミングスクールの無料体験を実際に受けてみて比較するのが一番ですよ!

受講料金て安いの?高いの?

money

普通のプログラミングスクールって1ヶ月で学生7万円、社会人12万円だったりしますが、延長料金がその半分くらいかかるところがほとんど。僕の受けたTECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムだとカリキュラムを完璧に理解するのに1ヶ月半くらいは欲しいなという印象でした。

それに加えて初心者が自分のウェブサイトを作ろうとするとさらに2ヶ月くらいは要ります。ウェブサイトを作ると言っても

  • どういうウェブサイトをつくるのか
  • データベースはどう設計するか
  • 必要な機能は何か
  • それをどうすれば実装できるのか
  • デザインはどうするか
  • 実際のコーディング
  • エラーの解決
  • サーバーの設置

このようなことに時間を取られてしまいます。特にエラー解決は想像以上に時間がかかるんです。サーバーへの設置(デプロイ)も結構難しくて僕は時間がかかりました。未経験からプログラミングを学習して自分のアプリを作りたいって人は絶対に3ヶ月はかかると考えてください!

1ヶ月の受講料金だけじゃなくて延長して受けることも考えてお得になるように選ぶのが絶対にいいです!

受講して感じたメリット・デメリットのまとめ

長くなってしまったので上で書いたメリット・デメリットをまとめておきます

メリット

  • 格安の延長料金でじっくり学べる
  • わかりやすいカリキュラムで挫折しない
  • オフラインで教えてもらえるからわかりやすい
  • 2週間前からカリキュラムが閲覧可能
  • 実際にアプリを作れるので楽しい
  • オンラインでも質問可能

デメリット

  • 中級者には物足りない
  • 教室に通えない人にはオススメできない

自分の勉強法

TECH::CAMP(テックキャンプ)を受講するときに僕がどんな風に勉強したのか書いておきます。効率的にTECH::CAMP(テックキャンプ)を受講するために意識したことがあるので参考にしてくださいね。

TECH::CAMP(テックキャンプを受講する前に

Rubyの基礎的な文法を学びました。僕は本を買って勉強したんですが、これは無駄だったなと後悔しています。僕のオススメはProgateで勉強すること。ここで

  • Ruby
  • HTML/CSS

の基礎的な文法を学んでおくのがいいです。自分でも勉強できるところを勉強しておくとカリキュラムを効率的に勉強できるので絶対にしておくべきだと感じました。

せっかくお金を払うのですから、自分がわからないところや難しいところを重点的に学習するのがコスパがいいはず。

TECH::CAMP(テックキャンプ)受講中

f:id:umauma01:20170905073822p:plain

アナログな方法と思われるかもしれませんが、僕の場合覚えたことでも片っ端から忘れていくのでノートに学習したことを記録していきました。ノートに書くときは自分の言葉で説明しないといけないので、こっちの方が理解も深まりますよ。ノートはEvernoteを使っていました。

f:id:umauma01:20170322094948j:plain

また自分の学習時間を記録すると正確に自分の学習量がわかるので、アプリを使って自分の学習時間を記録しました。時間を計りながらやると集中できるし、サボらなくなるのでオススメです

テックキャンプが向いていない人はこんな人!

あくまで僕の個人的な意見ですが、テックキャンプに向いていない人はいます。そういう人は他のプログラミングスクールで学んだ方がいいです。結構高い買い物になることは確かなのでしっかり検討してくださいね!

  1. プログラミングで何かを作ったことがあるレベルの人
  2. 大学生じゃなく現役のエンジニアじゃないと物足りない人
  3. 教室に通えない人

テックキャンプがオススメできるのはこんな人!

これも個人的な意見ですが、こんな人ならTECH::CAMP(テックキャンプ)がおすすめです

  1. 教室で直接教えて欲しい
  2. プログラミングやったことない
  3. 数ヶ月の受講を検討している

僕自身、TECH::CAMP(テックキャンプ)でプログラミングの基礎を身につけて、今では企業でエンジニアとして働けるくらいになったのでTECH::CAMP(テックキャンプ)はかなりおすすめです!

他のプログラミングスクールと比較!

正直今ってプログラミングスクールが多すぎて、どれを選べばいいのかわからない!ってなってる人も多いと思います。特に名前が似ているTECH::CAMP(テックキャンプ),テックアカデミー,CodeCampあたりは初心者の人からすると何がなんだかわからなくなります。

料金の比較!

簡単に3社の料金を比較します  

  テックキャンプ テックアカデミー(学生) テックアカデミー(社会人) CodeCamp
1ヶ月目 128,000 79,000  129,000 158,000
2ヶ月目 140,800 109,000  179,000 188,000
3ヶ月目 153,600 139,000  229,000  218,000

社会人で受講するならTECH::CAMP(テックキャンプ)がかなり安くなりますね。学生ならテックアカデミーが一番安いです。

僕も実際に受講して感じたのですが、1ヶ月は短すぎます。1ヶ月受講すると言っても全部の時間をプログラミングに使えるわけではないので2〜3ヶ月くらいは確保していた方がいいです。その上で料金的にも一番あったプログラミングスクールを選んでください!

カリキュラム内容を比較!

基本的にはどこのカリキュラムでも

  1. HTML/CSS
  2. JavaScript
  3. Ruby on Rails

を学ぶという点では変わりません。ちょっとした違いはあるかもしれないけど自分で勉強しても変わらないくらいの違いです。大まかな内容は上のやつ。実際にどんな内容が受けれるのかを詳しく知りたい方は体験会に足を運ぶのが一番です。体験会については以下の記事にまとめてあるので参考にしてください

メンターを比較!

現役のTECH::CAMP(テックキャンプ)メンターの僕が3つのプログラミングスクールのメンターを比較します。

TECH::CAMP(テックキャンプ) テックアカデミー CodeCamp
大学生エンジニア 現役エンジニア 現役エンジニア 

ある程度のプログラミング経験があって、自分でサイトを作ったことがある!なんていう人がTECH::CAMP(テックキャンプ) に行くっていうのはおすすめできません。レベルの高い人であればテックアカデミーさんや、CodeCampさんに行って現役のエンジニアに教えてもらうのが一番です。

未経験の人ならカリキュラムもわかりやすくて直接オフラインで教えてくれるTECH::CAMP(テックキャンプ) がおすすめです!

僕はTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けてどうだったか

僕はTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けて大正解だったと思っています。学生にしてはかなりの金額を払ったけど今までの人生で一番有意義な投資になりました。TECH::CAMP(テックキャンプ)受講後は独学で勉強しました。

  1. 就職の幅が広がる
  2. テックキャンプでメンター
  3. プログラミングを教えて自分で稼ぐ
  4. スタートアップ企業から仕事をもらえる
  5. リモートワークができる
  6. プログラミングで月10万円稼ぐ

これだけの変化が自分の人生にありました。特に個人で仕事をもらってリモートワークができるようになったのが嬉しいです。これなら社会人になってからも副業とかできます。

大学生の一般的な飲食とかコンビニのバイトって僕にとって全然面白くありませんでした。安い給料だし、しんどいし。それにバイト先に行くことすら時間の無駄だってことに気づいたんです。

プログラミングでリモートワークができるようになってからは家で仕事ができます。例えば通勤に往復1時間かけてたなら、その空いた時間を自分の好きなことに回せるようになりました。夏休みに1週間くらい帰省しますが、その時も実家で仕事するつもりです

TECH::CAMP(テックキャンプ)の受講料は確かに高いですが、大学と比べると意外にそうでもありません。僕は国立大学に通っていますが年間53万円かかります。私立大学や専門学校に通っている人はもっとかかりますよね。

そう考えると僕たちは教育にお金をかなり使っているわけですが、回収できればなんの問題もありません。現に僕なんかはTECH::CAMP(テックキャンプ)に投資したことで受講料は簡単に回収できて、それ以上のリターンを得ています。未経験の僕が9ヶ月くらいでここまで来れたので誰でもできるはずです。

割引情報

TECH::CAMP(テックキャンプ)では卒業生からの紹介だと5%OFFで受講できるという特典があります。僕が紹介できるので僕のTwitter(@akahire2014)かこのブログのお問い合わせフォームからご連絡ください。もちろんTECH::CAMP(テックキャンプ)に関する質問も受け付けているので気軽にメッセージくださいね