【全コース徹底レビュー】テックキャンプ(TECH::CAMP)メンターが解説

こんにちは、学生エンジニアのしば(@akahire2014)です。

僕はTECH::CAMP(テックキャンプ)で未経験からプログラミングを2016年の11月に受講しました。今ではそのままTECH::CAMPでメンターインターンしたり、スタートアップ企業でWebサイト製作の仕事をもらったりしています。

僕もそうだったんですが、プログラミングスクールって結構高いので

しば
本当にこんなにお金払う価値あるのかな・・。テックキャンプが一番いいの?

と思っていました。もちろん受講料は学生の僕にとって高額でしたが、プログラミングで10万円近く月に稼げているので十分すぎるほどに元が取れています。

この記事では実際にTECH::CAMP(テックキャンプ)を受講して、感じた僕の感想を書くので迷っている方は参考にしてみてください。僕の個人的な感想は主に後半に書いてあるのでそこだけ興味がある人は後ろの方からみてくださいね

しば
この記事を読めば、テックキャンプの特徴からメンター、僕が実際に受講してどこまでプログラミングできるようになったかがわかるようにしました。

僕のブログの読者のための割引情報が最後にあります!

テックキャンプ(TECH::CAMP)って誰におすすめなの?

  1. プログラミング完全未経験の人
  2. 幅広くITスキルを身に付けたい人
  3. 1ヶ月集中して時間を取りづらい・・」人

この3つのうちどれかに当てはまる人は、このまま記事を読み進めてください。
逆にどれにも当てはまらない人は、他のプログラミングスクールを検討してみるといいかもしれません。
プログラミングスクールの一覧は以下にまとめてあるので、参考にしてくださいね。

プログラミング完全未経験の人

プログラミングやったことないと、本当に自分でもできるのか不安ですよね。
僕も未経験から、やり始めたので最初はそうでした。

テックキャンプ(TECH::CAMP)は実際に教室でメンターに教えてもらうことができるので、「パソコン自体が苦手・・」なんて人でもプログラミングを学ぶことができます。

しば
僕もパソコンのショートカットの使い方から、教えてもらいました

オンライン(ネット上)だけで完結するプログラミングスクールもあります。
しかし、初心者の段階では少しわかりにくいです。
テックキャンプ(TECH::CAMP)なら「教室 + ネット」で学ぶことができるので、未経験でも安心して学習することができます。

幅広くITスキルを身に付けたい人

テックキャンプ(TECH::CAMP)では複数のカリキュラムをいくらでも学習することができます。
普通のプログラミングスクールなら、受講料払っても一つのカリキュラムしか勉強することはできません。

テックキャンプ コース

テックキャンプ(TECH::CAMP)では、受講がスタートすると全てのカリキュラムを学習することができるので

  1. 「自分が学びたいことがあまり決まっていない・・」って人
  2. いろんなプログラミング言語に興味がある人

におすすめです。

1ヶ月の間に集中して時間を取れない人

テックキャンプ(TECH::CAMP)は忙しくて、ガッツリプログラミング学習に時間を取れない人におすすめです。

普通のプログラミングスクールは、1ヶ月13万円くらいで、1ヶ月の間で受講を終える!って形式です。
しかしこれだと1ヶ月の間に時間がたくさん取りづらい社会人は損してしまいます。

  テックキャンプ 他のスクール
期間 1ヶ月以上の長期 基本1ヶ月だけ
3ヶ月くらい受講した料金 15万円くらい 20〜25万円

テックキャンプ(TECH::CAMP)の受講形式は、「入会金128,000円 + 1ヶ月延長12,800円」と長い期間学ぶことが前提です。
まとまった時間が取りづらい社会人でも、比較的安くプログラミングを学習することができます。

実際受けてみて何ができるようになったの?
TECH::CAMP(テックキャンプ)のコースを徹底解説

 

テックキャンプ(TECH::CAMP)では一度入会すると、全てのカリキュラムで学習することができます。
しかし、カリキュラムによっては、ガッツリスキルを身に付けられるくらいのものと、入門用に簡単に作られたものがあります。

初心者
ガッツリ学びたい!

って思ってたものが、簡易的な入門用のカリキュラムだった時にはがっかりしてしまうと思います。
テックキャンプ(TECH::CAMP)のほぼ全コースを受講した僕が、それぞれについて解説するので興味のあるコースで自分が満足に学ぶことができるのかを確認してくださいね!

しば
テックキャンプ(TECH::CAMP)のコース受けて、できるようになったことを簡単に解説します。
もっと詳しく知りたい人は、個別の解説記事をみてください

 

テックキャンプ:Webアプリケーションコース

しば
ガッツリ学べるカリキュラムです!
自分でWebサイトを作れるようになります。
テックキャンプ 学べること

Webサイトを作るための言語RubyとフレームワークRuby On Railsを学習することができます。初心者の方はRubyってなに?
ってなるかもしれませんが、クックパッドや楽天もRubyを使って作られているんです。

渋谷のITベンチャーとかを中心に人気になっている言語です。実は僕が仕事をもらっているスタートアップ企業もRubyを使ってサイト製作をしています。

他にもWebサイトの見た目を作るための言語であるHTML/CSSもカリキュラムに含まれているので僕のような完全未経験者でもWebサイトを作ることができました。

できるようになったこと
  1. Webサイトを作れるようになった。
  2. プログラミングの仕事でリモートワークができるようになった。
  3. 時給1500円でバイトできるようになった。
  4. エンジニア就職を目指せるようになった。

Webサイトを作れるようになった。

アプリ チャット

こちらの記事でも紹介していますが、例えばグループを作ってチャットをするアプリを自分で考えて作れるようになりました。
サイトの見た目を作るための言語や、チャットのシステム自体を動かすためにRubyというプログラミング言語をテックキャンプ(TECH::CAMP)のカリキュラムで学ぶことで、このアプリを作ることができました。

このチャットアプリを作れるようになるまで、かなり勉強しました。
でも、受講したての頃はメンターの方からパソコンのショートカットを教えてもらうくらいのレベルでした(笑)

テックキャンプ : iPhoneアプリコース

しば
ガッツリ学べるカリキュラムです!
3日で簡単なアプリなら作れるようになりました。
TECH::CAMP iPhoneアプリ 基礎

 TECH::CAMP(テックキャンプ)のiPhoneアプリコースでは、実際に上のようなiPhoneアプリを作りながら学ぶことができます。
カウントアプリのような簡単なアプリであれば3日で作れるようになりました。

他にもInstagramのような写真加工アプリや、データの保存ができるアプリの作り方まで学ぶことができます。

体験記事を書いたので、iPhoneアプリ作りたい人は参考にしてくださいね

できるようになったこと
  1. 簡単なアプリを3日で作れるようになった
  2. Instagramの基本的な機能を作れるようになった

テックキャンプ:VR,Unityコース

しば
ガッツリ学べるカリキュラムです!

他のプログラミングスクールでVRの学習ができることは今のところありません。このコースではVRを作るためのC#という言語とUnityが学べます。

VR作ってみたい!って人はTECH::CAMP(テックキャンプ)のVRコース一択ですね。
このコースは僕は受けていませんが、解説記事を書いたので興味のある人はどうぞ!

テックキャンプ:デザインコース

しば
軽めのカリキュラムです。
デザインコースのためにテックキャンプ(TECH::CAMP)受けるのはおすすめしません
f:id:umauma01:20170904211402p:plain

引用:テックキャンプ

Webサイトを実際に作ってみるとわかるんですが、デザイン大事!

僕はRuby on RailsとかJavaScriptならある程度書けるようになってきたんですが、デザインが貧相すぎてイマイチな感じになってしまいます。
Webサイトのデザインもこだわりたい人や、デザインで稼ぎたい人には嬉しいコースだと思います。

テックキャンプ:AI(人工知能)入門コース

しば
AI入門用のカリキュラムです。
あくまでAIが作れるようになるわけではありません
f:id:umauma01:20170904212255p:plain

引用:テックキャンプ

人工知能の初歩的なことが学習できます。本格的なものは作れませんが、機械学習を言葉だけでなく実際に手を動かして作っていくというイメージ。
カリキュラム内ではPythonというプログラミング言語を1から学ぶので、完全な機械学習初心者でも人工知能について学ぶことができます。

 

テックキャンプ:エキスパートコース

テックエキスパート アイキャッチ

これは本気で転職や就職を目指す人のためのコースです。
なので受講料も40万近く!
しかし完全未経験からIT業界に転職するとのと、ある程度のスキルがある段階で転職するのでは年収に100万円の差が出るそう。
もちろん年収だけでなく職場環境も自分のスキルによって変わってきます。
本気でエンジニア転職を考えている方はエキスパートコースも検討に入れるべきでしょう。

詳しくは、現役メンターの僕が解説したので、以下の記事をどうぞ!

テックキャンプ:イナズマコース

通常1ヶ月設定のカリキュラムを1週間で終わらせちゃうという超スパルタコースです。
前まではあったんですが、今(2017/11月)では不定期の開催になっています。

テックキャンプ:就職内定補償制度

これはコースではありませんが、TECH::CAMP(テックキャンプ) では就活生に向けた内定保障制度があります。

  • Webサービス開発、VR/3Dゲーム開発の
    いずれかを修了
  • オリジナルのサービス/制作物を1つ以上作成
  • 就活を始める前に、TECH::CAMPへ内定保証申請書を提出
  • 10社以上IT企業の選考を受けていること
  • 2019年3月に卒業予定の大学生、大学院生

これらの条件を満たしていて、万が一就職できなかったら全額返金するという制度です。
就活している学生は要チェックです。
下の記事でも解説しているので参考にしてくださいね

5000回以上アップデートされたカリキュラムで学ぶことができる

TECH::CAMP(テックキャンプ)ではTECH::MASTERというカリキュラムを使って学習を進めます。

このカリキュラムは、受講生に分かりにくいと指摘されたところを中心に5000回以上アップデートされています。
僕がプログラミングを勉強し始めた時は、独学でやり始めたんですが、本を買ってもわかりにくいのでイライラしながら勉強していました。
TECH::CAMP(テックキャンプ)の教材は初心者に向けて、本当に1から過不足なく説明してくれるので、ストレスを溜めることなく楽しく学習できました。

TECH::CAMP(テックキャンプ)の教室受講ってどうなの?

class

普通のプログラミングスクールってネット上だけで完結するオンライン形式のものが多いですが、TECH::CAMP(テックキャンプ)はオフラインで実際にメンターと呼ばれる講師にプログラミングを教えてもらうこともできます。

オフラインでも教えてくれるのが僕がTECH::CAMP(テックキャンプ)を選んだ理由の一つだったりします。
家でわからないところが出てきた時はオンラインで聞いて、時間がある時は実際に教室に行ってメンターの方に教えてもらっていました。

教室一覧

 

  • 渋谷
  • 早稲田
  • 池袋
  • 新宿
  • 東京駅前
  • 御茶ノ水
  • 名古屋
  • 梅田

教室受講のいいところは、

  1. 周りが勉強しているので集中力が保てる
  2. わからなかったらすぐに聞ける
  3. 直接教えてもらえるのでわかりやすい

です。

完全に自宅で勉強できるのが、オンライン受講のメリットです。
しかし逆に、だらけてしまう危険もあります。

 

 

 

ネットでの質問ってどうなの?

skype

オンライン形式のメリット

オンライン形式の一番のメリットってやっぱり、どんなときも質問ができるということですよね。
人間って自分がわからなかっとこですら忘れてしまう生き物なので、疑問が浮かんだ時にすぐ質問できるのはメリットだと思いました。

またTECH::CAMPでは質問を他の受講者に見られることが無いので「低レベルかもしれない….」なんて質問も気兼ねなくすることができます。
そもそも高い金払っているので気兼ねする必要は全く無いんですけどね。

オンライン形式のデメリット

でもやっぱり、いちいち質問をチャットでするのってめんどくさいな〜って僕は思いました。
そういうときはskypeの画面共有を使って質問していたのですが、複雑なことを質問するときはやっぱりオンラインは向いていません。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターってどうなの?

mentor

結構いろんなところでTECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターのことが書かれてますが、結論としては

初心者には最適だが、プログラム書ける人からすると物足りないのかな

といった印象。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターはカリキュラムを学習して合格率5%の試験に合格した大学生がほとんどです。
さすがに現役のエンジニアと比べると明らかに天と地の差があります。
でも学生で運営しているので低価格で受講できるというメリットがあるのでそれは一長一短ですね。

カリキュラムを学習する分には問題ありませんが、「プログラミングがある程度できて最初から自分のWebサイトを作りたい!」って人には物足りないかもしれません。
僕も今ならある程度プログラミングできるので今からプログラミングスクールに行くとするならTECH::CAMP(テックキャンプ)にはいきません。

ですが、メンターの方はカリキュラムレベルの範囲であれば当然理解しているのでTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けている時に不満に思ったことはありませんでした。
むしろメンターの方も未経験からTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けた方ばかりなので初心者の目線や心情をわかってくれました。

初心者
サッカー初心者がプロサッカー選手に高額でコーチしてもらっても意味ないのと同じだね

僕のレベルで言うと、

  • オリジナルのアプリを作ったことがある
  • 企業(2社)で実際に仕事している

くらいのレベルなのでTECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターのレベルって決して低いわけではないです。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターがどんな感じか、本当に知りたい人はTECH::CAMP(テックキャンプ)の無料体験と、他のプログラミングスクールの無料体験を実際に受けてみて比較するのが一番ですよ!

TECH::CAMP(テックキャンプ)の受講料金ってどうなの?

money

普通のプログラミングスクールって1ヶ月で学生7万円、社会人12万円だったりしますが、延長料金がその半分くらいかかるところがほとんど。
僕の受けたTECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムだとカリキュラムを完璧に理解するのに1ヶ月半くらいは欲しいなという印象でした。

それに加えて初心者が自分のウェブサイトを作ろうとするとさらに2ヶ月くらいは要ります。
ウェブサイトを作ると言っても

  • どういうウェブサイトをつくるのか
  • データベースはどう設計するか
  • 必要な機能は何か
  • それをどうすれば実装できるのか
  • デザインはどうするか
  • 実際のコーディング
  • エラーの解決
  • サーバーの設置

このようなことに時間を取られてしまいます。
特にエラー解決は想像以上に時間がかかるんです。
未経験からプログラミングを学習して自分のアプリを作りたいって人は絶対に3ヶ月はかかると考えてください!

1ヶ月の受講料金だけじゃなくて延長して受けることも考えてお得になるように選ぶのが絶対にいいです!

TECH::CAMP(テックキャンプ)を受講して感じたメリット・デメリットのまとめ

長くなってしまったので上で書いたメリット・デメリットをまとめておきます

メリット

  • 格安の延長料金でじっくり学べる
  • わかりやすいカリキュラムで挫折しない
  • オフラインで教えてもらえるからわかりやすい
  • 実際にアプリを作れるので楽しい
  • オンラインでも質問可能

デメリット

  • 中級者には物足りないかも
  • 教室に通えない人にはオススメできない

自分のTECH::CAMP(テックキャンプ)勉強法

TECH::CAMP(テックキャンプ)を受講するときに僕がどんな風に勉強したのか書いておきます。効率的にTECH::CAMP(テックキャンプ)を受講するために意識したことがあるので参考にしてくださいね。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)が向いていない人はこんな人!

あくまで僕の個人的な意見ですが、テックキャンプに向いていない人はいます。
そういう人は他のプログラミングスクールで学んだ方がいいです。
結構高い買い物になることは確かなのでしっかり検討してくださいね!

  1. プログラミングで何かを作ったことがあるレベルの人
  2. 大学生じゃなく現役のエンジニアじゃないと物足りない人
  3. 教室に通えない人

TECH::CAMP(テックキャンプ)がオススメできるのはこんな人!

これも個人的な意見ですが、こんな人ならTECH::CAMP(テックキャンプ)がおすすめです

  1. 教室で直接教えて欲しい
  2. プログラミングやったことない
  3. 数ヶ月の受講を検討している

僕自身、TECH::CAMP(テックキャンプ)でプログラミングの基礎を身につけて、今では企業でエンジニアとして働けるくらいになったのでTECH::CAMP(テックキャンプ)はかなりおすすめです!

TECH::CAMP(テックキャンプ)を他のプログラミングスクールと比較!

正直今ってプログラミングスクールが多すぎて、どれを選べばいいのかわからない!ってなってる人も多いと思います。特に名前が似ているTECH::CAMP(テックキャンプ),テックアカデミー,CodeCampあたりは初心者の人からすると何がなんだかわからなくなります。

料金の比較!

簡単に3社の料金を比較します  

  テックキャンプ テックアカデミー(学生) テックアカデミー(社会人) CodeCamp
1ヶ月目 128,000 79,000  129,000 158,000
2ヶ月目 140,800 109,000  179,000 188,000
3ヶ月目 153,600 139,000  229,000  218,000

社会人で受講するならTECH::CAMP(テックキャンプ)がかなり安くなりますね。学生ならテックアカデミーが一番安いです。

僕も実際に受講して感じたのですが、1ヶ月は短すぎます。1ヶ月受講すると言っても全部の時間をプログラミングに使えるわけではないので2〜3ヶ月くらいは確保していた方がいいです。その上で料金的にも一番あったプログラミングスクールを選んでください!

カリキュラム内容を比較!

基本的にはどこのカリキュラムでも

  1. HTML/CSS
  2. JavaScript
  3. Ruby on Rails

を学ぶという点では変わりません。
ちょっとした違いはあるかもしれないけど自分で勉強しても変わらないくらいの違いです。
実際にどんな内容が受けれるのかを詳しく知りたい方は体験会に足を運ぶのが一番です。
体験会については以下の記事にまとめてあるので参考にしてください

メンターを比較!

現役のTECH::CAMP(テックキャンプ)メンターの僕が3つのプログラミングスクールのメンターを比較します。

TECH::CAMP(テックキャンプ) テックアカデミー CodeCamp
大学生エンジニア 現役エンジニア 現役エンジニア 

ある程度のプログラミング経験があって、自分でサイトを作ったことがある!なんていう人がTECH::CAMP(テックキャンプ) に行くっていうのはおすすめできません。
レベルの高い人であればテックアカデミーさんや、CodeCampさんに行って現役のエンジニアに教えてもらうのが一番です。

未経験の人ならカリキュラムもわかりやすくて直接オフラインで教えてくれるTECH::CAMP(テックキャンプ) がおすすめです!

僕はTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けてどうだったか

僕はTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けて大正解だったと思っています。
学生にしてはかなりの金額を払ったけど今までの人生で一番有意義な投資になりました。
TECH::CAMP(テックキャンプ)受講後は独学で勉強しました。

  1. 就職の幅が広がる
  2. テックキャンプでメンター
  3. プログラミングを教えて自分で稼ぐ
  4. スタートアップ企業から仕事をもらえる
  5. リモートワークができる
  6. プログラミングで月10万円稼ぐ

これだけの変化が自分の人生にありました。
特に個人で仕事をもらってリモートワークができるようになったのが嬉しいです。
これなら社会人になってからも副業とかできます。

大学生の一般的な飲食とかコンビニのバイトって僕にとって全然面白くありませんでした。
安い給料だし、しんどいし。
それにバイト先に行くことすら時間の無駄だってことに気づいたんです。
プログラミングでリモートワークができるようになってからは家で仕事ができます。
例えば通勤に往復1時間かけてたなら、その空いた時間を自分の好きなことに回せるようになりました。
夏休みに1週間くらい帰省しますが、その時も実家で仕事するつもりです

TECH::CAMP(テックキャンプ)の受講料は確かに高いですが、大学と比べると意外にそうでもありません。
僕は国立大学に通っていますが年間53万円かかります。私立大学や専門学校に通っている人はもっとかかりますよね。 

そう考えると僕たちは教育にお金をかなり使っているわけですが、回収できればなんの問題もありません。
現に僕なんかはTECH::CAMP(テックキャンプ)に投資したことで受講料は簡単に回収できて、それ以上のリターンを得ています。
未経験の僕が9ヶ月くらいでここまで来れたので誰でもできるはずです。

割引情報

割引

TECH::CAMP(テックキャンプ)では卒業生からの紹介だと5%OFFで受講できるという特典があります。紹介者のところに「fbdcdb」と打つだけで割引が適応されます。6400円もお得になるので浮いたお金で、パソコンの周辺機器とか買ってくださいね!