テックキャンプ(TECH::CAMP)のAIコースを受講した感想・評判・口コミ

学生エンジニアのしば(@akahire2014)です

僕は未経験からプログラミングスクールで勉強して、今ではプログラミングスクールテックキャンプでインターンしたり、企業からサイト制作の仕事をもらったりして月10万円ほど稼いでいます。プログラミングスクールにはかなり詳しいです。

初心者
最近なんでもかんでもAIですよね。「AIを作る人になりたい!とは思わないけど、少し興味あるなあ」なんて人も結構多いはず。

TECH::CAMP(テックキャンプ)で働いている僕は無料でカリキュラムを見れるので、実際にカリキュラムを受講してみましたがAIの基礎については本を読むより具体的にわかりました。

この記事では僕が通った&働いているプログラミングスクールであるTECH::CAMP(テックキャンプ)にある、AIコースの解説をしているので参考にしてください!

しば
この記事を読めば、AIコースの内容と、どんな人が受けるべきかがわかるようにしました。
割引

TECH::CAMP(テックキャンプ)では卒業生からの紹介だと5%OFFで受講できるという特典があります。紹介者のところに「fbdcdb」と打つだけで割引が適応されます。6400円もお得になるので浮いたお金で、パソコンの周辺機器とか買ってくださいね!

AIコースはどんな人が受けるべき?

結論から言うと、TECH::CAMP(テックキャンプ)のAIコースだけに興味がある人には個人的にはお勧めできません。

TECH::CAMP(テックキャンプ)では入会すると一つのプログラミング言語だけでなく、Webアプリ、iPhoneアプリ、デザイン、VRといった複数のカリキュラムを学習できます。

AIコースは、本格的なカリキュラムと言うよりはAIのことが手を動かしながら学べる入門的な内容なので、AIコースだけを受けるって言うのは勿体無いかなと。

またプログラミング未経験者がいきなりAIのエンジニアになるのはハッキリ言って不可能です。もっと簡単なプログラミング言語から始めましょう。

他のコースについてはこちらの記事にまとめているので、参考にしてくださいね。

AIコースの特徴

f:id:umauma01:20171015101749p:plain

引用:TECH::CAMP(テックキャンプ)

受講生は8000人を超え、満足度は98%以上というプログラミングスクールのカリキュラムの中の一つです。

AIコースでは、本格的でないにしてもAIの基礎的な考えや、機械学習を実際にPythonを使ったプログラミングを用いて実装することができるそう。

注意して欲しいのは、このコースだけはオフラインで質問対応は行っておらず、オンラインでのみの質問対応となっています。ただし教室を学習のために使うのはできます。

カテゴリ 通学orオンライン
受講形態 個人で教材を進める
レベル 中級者~
場所 東京6教室・愛知1教室・大阪1教室
※オンラインのみ質問可能
無料体験・カウンセリング 全ての講座にあり
価格 入会金128,000円
月額12,800円(初月無料)
紹介割引あり
期間 1ヶ月単位
オンライン質問時間 13:00 ~ 22:00
パソコンレンタル あり
言語 Python

AIの基礎が学べる

f:id:umauma01:20171015134025j:plain

TECH::CAMP(テックキャンプ)のAIコースではAIの基礎を学ぶことができます。AIの歴史やAIを作るための言語であるPythonの基礎文法から学ぶことができます

これからの時代AIが世の中を変えていくことはもう絶対と言っていいレベルなので、AIがどうやって作られているのかを実際に手を動かして学べることで、かなり有利になるはずです。

本格的なことができるわけではない

ただやっぱりAIはかなり難しいです。僕は大学で物理学の勉強をしています。大学で機械学習などに関する話を聞いたことがありますが、理系の僕でも全く意味がわかりませんでした。

素人がTECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムを学んだだけで本格的なAIが作れるようになる!という話ではありません。あくまで基本的なことがわかるようになるレベルと思っていたほうがいいでしょう

どちらかというと、AIコースを目的にTECH::CAMP(テックキャンプ)を受講すると言うより、TECH::CAMP(テックキャンプ)を受講する中でついでにAIに関する知識も身につけることができるみたいな位置づけです。

学べること

f:id:umauma01:20171015135156j:plain

TECH::CAMP(テックキャンプ)のAIコースで学べることは以下の通りになっています。

  • Pythonの基本的な文法
  • ライブラリの使い方
  • AIの歴史・考え方
  • AIを用いた複雑なデータ分析

機械学習には元となる膨大なデータが必要になりますが、TECH::CAMP(テックキャンプ)のAIコースではカリキュラムのために用意されたデータを用いてデータ解析を行います。

内容も基礎的なものなので(それでも難しいですが)TECH::CAMP(テックキャンプ)の他のコースと違って何か成果物ができるというわけではありません。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のWebアプリケーションやVRコースなどの中で受けたいカリキュラムがあれば、それのついでに受けるくらいに思っておいたほうがいいでしょう。

Pythonの基礎文法

AIには主にPythonが使われているので、TECH::CAMP(テックキャンプ)のAIカリキュラムではPythonの基礎的な文法を学ぶことができます。

  • if分による条件分岐
  • ループ処理
  • クラスとインスタンスの理解

具体的にはこんなことを学べます。AIを作るためにライブラリを使うための基礎文法を学べます

実際にAIコースを受講してみた

僕はTECH::CAMP(テックキャンプ)で働いているのでカリキュラムを受講することができます。僕はPythonやデータ分析に興味があったのでAIカリキュラムを勉強してみました。

Pythonの基本文法の学習を終えた感想

TECH::CAMP(テックキャンプ)のAIコースでは人工知能を作るために広く使われる言語であるPythonの基礎文法から学ぶことができます。僕はRubyは使ったことがありますが、Pythonに関しては完璧な初心者でしたが、迷うことなくPythonの基礎文法に関して学ぶことができました。

基礎文法カリキュラムでは

基礎文法カリキュラムで学ぶこと
  1. pythonの実行環境の構築
  2. pythonファイルの実行の仕方
  3. 変数・辞書オブジェクト・配列オブジェクト
  4. メソッド・関数の使い方
  5. アルゴリズムの組み方
  6. コンストラクタ
  7. クラスとインスタンス

を学ぶことができました。ただ一つ一つの文法を学ぶのなら本と変わらないんですが、TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムでは実際にアプリケーションを作りながら学ぶことができます。

pythonで作ったレビューアプリ
POINT!
実際にアプリを作りながらPythonの基礎文法について学べる

開発ツール/ライブラリの使い方を学んだ感想

jypyter notbook numpy matolotlib

人工知能を作る際にPythonが使われるといっても、全部のプログラムをPythonを使って自分で書くわけではありません。よく使う操作を全部自分でやっていたら、非効率になってしまいます。そこで使われるのがライブラリと言われるものです

ライブラリとは便利なプログラムを集めた集合体のようなもの。

ライブラリを使うことで、何回も使う処理を自分で書く必要がなくなり効率的に開発を進めることができます。例えば数値計算を行うためのライブラリであるNumPyやグラフを描画するためのライブラリであるmatplotlibがあります。

またjypyter notebookと呼ばれている開発ツールを使うことで簡単にコードの実装→実行までを行うことができます。

実際にこれらのツールを使うことで僕も簡単にグラフの描画ができたり、数値計算ができましたよ!

POINT!
人工知能に必要な開発ツールを手を動かしながら習得できる

多次元配列の使い方を学んだ感想

データ分析で使用されるデータの多くは多次元配列と言う形で取得されます。厳密さをかなり欠いて簡単に言うと行列とかエクセルの表みたいな感じのデータです。多次元配列はよく使われるので、もちろん多次元配列を使うためのライブラリPandas(パンダス)があります。

このPandasを使って多次元配列型データの読み込みや、出力が簡単に行えます。実際に僕もすぐにポケモンのデータを読み込んで出力することができました(笑)

pandas

カリキュラムを作っている人にポケモンが好きな人がいるのでしょう・・

回帰分析の方法を学んだ感想

線形回帰分析

カリキュラムに沿ってやるとこんなことができます

教示あり学習の回帰を使った機械学習のケースについて学ぶことができます。機械学習の進み方の雰囲気がわかります。これで「バリバリ自分でデータ分析をしてビジネスできるぜ!」って感じでは絶対にないです。

機械学習って本来は大学→大学院って学ぶようなものですからね・・。ただ雰囲気はかなり分かるので、夢見がちな機械学習のセールストークとかには騙されないようにはなりますね!

住宅のデータから適切な住宅価格を予測する機械学習を実際に作っていくのですが、実際僕も本で読んだりした機械学習のイメージとかなり違っていて勉強になりました。

POINT!
機械学習の実際の雰囲気がかなり分かる

分類について学んだ感想

機械学習 分類

機械学習でいう分類とは「スパムメールとそうでないのものを分ける」「画像を猫、犬に分ける」と言った操作のことを表します。TECH::CAMP(テックキャンプ)のAIコースではアヤメと言う花の分類を実際にしながらデータの分類方法について学ぶことができます。

上のグラフではアヤメの花について2種類に分類しています

POINT!
画像の分類方法について学べる

AIコースの料金

f:id:umauma01:20171011220542j:plain

TECH::CAMP(テックキャンプ)の受講料金の範囲内で受けることができます。

  • 入会金128,000円
  • 月額12,800円(初月無料)

TECH::CAMP(テックキャンプ)ではどのカリキュラムでも見ることができるので、もちろんAIコース以外のWebアプリケーションコースやVRコースも受けることができます。

AIコースを受けるならこんな人

他のWebアプリケーションコースやVRコースに比べると難しめのカリキュラムになっていますが、こんな人にオススメです

  • 何か一つの言語をやったことがある
  • TECH::CAMP(テックキャンプ)の他のカリキュラムにも興味がある
  • AIの基礎だけでなく実際の作り方の基礎も学びたい
  • 将来AIを本格的に勉強するためのきっかけが欲しい

まずは無料体験へ

プログラミングスクールの中でAIカリキュラムをやっているのは少ないです。他のスクールの本格的なカリキュラムになると100万近くしたりします。

このAIカリキュラムだけを目的にTECH::CAMP(テックキャンプ)を受けるのは、個人的にあまりオススメしません。

しかしTECH::CAMP(テックキャンプ)は入会さえすれば、他のカリキュラムも受けることができるのでWebアプリケーションコースやVRコースに興味があれば受講を検討するのがいいでしょう。

無料他の体験会も開催されているので、いきなり受講するのではなく体験会に行ってから検討するのがいいですよ!!

割引情報

割引

TECH::CAMP(テックキャンプ)では卒業生からの紹介だと5%OFFで受講できるという特典があります。紹介者のところに「fbdcdb」と打つだけで割引が適応されます。だいたい6400円もお得になるので浮いたお金で、パソコンの周辺機器とか買ってくださいね!